So-net無料ブログ作成
検索選択

今週のアリタキ植物園 12月7日 [植物園]

他より紅葉が遅いアリタキですが、それも終わりに近づいています。イロハモミジは見頃で、今はタイワンゴレツカエデが全体に染まって来ています。これからでもまだ間に合いますよ。

モミジの葉いろいろ

今回は園内のカエデ科の葉をご覧いただきましょう。よく見ると、改めて発見することもあります。ざっくりと比べてみました。

イロハモミジ 一般的には7つに裂けています。

イロハモミジ[ア]121202 (5).JPG

コハウチワカエデ 7~9つに裂けています。 

コハウチワカエデ[ア]121207.JPG

 

タイワンゴレツカエデ その名の通り、5つに裂けています。基部は水平です。

タイワンゴレツカエデ[ア]121207 (6).JPG

 

モミジバフウ モミジに似ていますが、これはカエデ科ではありません。

モミジバフウ[越谷]121201.JPG

 

カジカエデ 5裂ですが、鋸歯が荒く、他に比べて大型ですぐに見分けがつきます。

カジカエデ[ア]121202.JPG

トウカエデ 裂ける深さに差はありますが、数は3つです。

トウカエデ[ア]121207 (2).JPG

 

コブカエデ 先が丸っこくてかわいらしい葉です。

コブカエデ[ア]121202 (4).JPG

ヤクシマオナガカエデ 幾つかのタイプの葉があります。

ヤクシマオナガカエデ[ア]121207.JPG

ハナノキ 前項同様、切れ込みのある葉と無い葉があります。

ハナノキ[ア]121207 (4).JPG

 

カラコギカエデ これも 葉の形が幾つかあるタイプです。ヤクシマオナガカエデやハナノキと似ています。

カラコギカエデC132[ア]121207.JPG

ホソエカエデ こちらはまだ色付いていません。やはりヤクシマオナガカエデなどと形が似ています。 

ホソエカエデ[ア]121207.JPG

 

ミツデカエデ その名で示しているように、3出複葉です。早々と散ってしまったトネリコバノカエデは、奇数羽状複葉です。

ミツデカエデ[ア]121207 (3).JPG

 

グリセウムカエデ こちらも3つワンセットになった葉です。並んだ2つの小葉は、それぞれ非対称の形をしています。

グリセウムカエデ (3).JPG

 

イナバシダレ たくさん切れ込みが深く入った葉です。

イナバシダレ.JPG

アメリカスズカケノキ カエデとは全く関係ありませんが、なんとなくモミジを連想させる形です。幅は20cm以上あり、さすが大木の葉です。

アメリカスズカケノキ[ア]121202 (2).JPG


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

necolon

こんにちは、どのモミジも美しい色ですね。カラコギカエデ、グリセウムカエデというのは今まで知りませんでした。今度見に行こうと思います。
アリタキには他の植物園ではなかなか見られない植物が沢山ありますね!
by necolon (2012-12-11 17:11) 

ミドリッコ

コメント、ありがとうございます。今頃の返事になってすみません(うかつにも、全くコメント蘭を見ていませんでした!?)
今の時期、あまり目立つ花はありませんが、おっしゃる通りアリタキはちょっと他では見られない植物もあります。四季を通してお楽しみください。
またのご来園をお待ちしています。
by ミドリッコ (2013-06-21 11:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: