So-net無料ブログ作成
検索選択

今週のアリタキ植物園 5月25日 [植物園]


ヤマボウシの花の白が眩しいです。カラタネオガタマはまだ香りで存在を主張しています。園内は大方春の花が終わって落ち着いた感じですが、こんな時こそ、普段見落としている花を探してみましょう。
ここにも花があります!
イヌビワ なんとまあ、良く熟れた果実が!実はこれは花です。しかも今年は一際大きいのが混じっています。ちょっと期待を持って中を割ってみましたが、中はパサパサで、雄しべがぎっしり。やはり雄木は雄木でした。
イヌビワ[ア]140525.JPG
イヌビワ2.JPG
サイカチ たくさん垂れ下がっているのですが、葉の色に紛れて注意しないと見つかりません。フジやハギなどとは違った形の花です。でも葉っぱを見ると、やっぱりマメ科です。
サイカチ.JPG
サイカチcloseup.JPG

チドメグサ 生い茂る葉の中にあって、超ミニサイズ、しかもこんな色をしているので、よく探さないと見逃します。
チドメグサleaf .JPG
チドメグサleaf  flower.JPG
果実も準備中です
まだまだ小さくて青いですが、あちこちに果実が。草木は、着々と花の役割を終えると、次の段階に取り掛かっています。
カヤ 去年付いた雌花が、今年の春頃から大きくなってきました。
カヤ.JPG
イヌガヤ カヤとは別の科に属する樹で、葉は似ていますが、違う仲間です。これも2年掛けて成熟します。
イヌガヤ.JPG
ケヤキ 身近な樹なのに、背が高くて、あまり花や果実にお目に掛かれません。何かのいたずらで落ちて来た枝に若い実が付いていました。二つのツノが付いているのがユニークです。 
ケヤキ.JPG
ホオズキ 花が萎れて、じきに花弁が落ちるところです。萼が心なしか大きくなり、ホオズキの果実の形になりつつあります。このまま中の丸い実を守りながら大きくなるのですね。
ホオズキ.JPG
 
雑草と呼ばないで!
今回も野草を取り上げてみました。

 
チチコグサ 道端などにあっても見向きもされない草です。大体、いつ花が咲いているのかよくわかりません。最初の赤っぽい時期は、ちょっと花の存在を思わせます。種ができて綿毛が飛んだ後は、まるで花開いたかのようです!
ウラジロチチコグサ.JPG
ウラジロチチコグサ2.JPG 

ウラジロチチコグサ1.JPG 
ハハコグサ チチコグサよりは、黄色が目立って、より花らしく見えます。春の七草のゴギョウはこの草です。
ハハコグサwhole.JPG 
もう綿毛になり始めています。 
ハハコグサ.JPG
タチツボスミレ 果実は、3裂して上を向いて開くのですが、それぞれ乾燥して殻が閉じる力で種を飛ばすのだそうです。その瞬間を見るにはよほどの幸運か根気がなければいけなさそうです。
タチツボスミレ1.JPG
タテツボスミレ.JPG


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

mita

いつも素敵な写真、楽しみです。
今回もチチコグサの種、タチツモスミレの種特に素敵でした。
by mita (2014-05-28 09:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0