So-net無料ブログ作成
検索選択

アリタキ植物図鑑 3.フッキソウ [植物園]

フッキソウ なんと草ではなく、木なのだそうです。手近の野草図鑑を開くと、載っていますが「常緑亜低木」と記載されていました。

3月末頃 他の春の花々に先駆けて開花します。地味な花ですが、街中でもカバープランツとしてよく見かけます。

フッキソウ花.JPG

開花前 雄花のつぼみがたくさん付いています。基部に雌花がいくつかあり、花柱が2つに開いてきています。

フッキソウ3月1.JPG

雄花にも雌花にも花弁はありません。一つの雄花は4つの雄しべを持ち、それがたくさん集まると花らしくなります。

フッキソウ3月2.JPG

同じツゲ科のサルココッカと作りが似ています。

サルココッカ花.JPG

雄しべは役目を果たすと、散っていき、下部の雌花だけが残ります。花柱が随分と長く反り返りました。

フッキソウ4月花後.JPG

因みに、花が散った後のサルココッカはこんなふうです(4月)。

サルココッカ花後.JPG

6月頃 雌花が果実へと成長していきます。

フッキソウ5月.JPG

早くも翌年の花芽も作り出します。

フッキソウ6月 (2).JPG

1月 真っ白な果実になりました。

フッキソウ1月.JPG

サルココッカと色は違いますが、似ています。

サルココッカ果実.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0