So-net無料ブログ作成
検索選択

アリタキ植物図鑑 5.ヒッコリー [植物園]

ヒッコリー

クルミ科カリア属の木で、主に北米東部が原産です。カリア属というと馴染みが薄いですが、ペカンナッツのペカン属と同じです。原産地では栽培が盛んで、品種も多いようです。

英名のShagbark treeは、この”毛羽だった幹”から来ています。材が緻密で曲げ衝撃に強いことから、工具やゴルフクラブ・野球のバット、スキー板などスポーツ用品に使用されてきたそうです。

幹.JPG


4月末頃 葉が芽吹いてきます。

4月末.JPG

4月末葉展開.JPG


5月初旬 花は雄花と雌花 別々に付きます。雄花序の少し上に付いているのが雌花です。

5月雄花と雌花.JPG


花粉を出し切った頃に雄花序は落ちてきます。

5月雄花1.JPG

5月雄花2.JPG


雄花に比べて雌花はみつけにくいです。落ちてこないので、近くで観察もできないのが残念です。

5月雌花.JPG


付近には落ちた種子から自然に出た実生がたくさん見られます。

5月実生.JPG

 

6月 落ちてきた未熟な果実です。それぞれ縦と横に切ったところです。

6月果実.JPG


7月 よく見るとあちこちの枝に果実がなっています。

7月果実.JPG

 

9月頃 外果皮ごと落下します。外果皮は4つの筋に沿って裂け、中から核果が出てきます。

9月果実1.JPG

核果の中はオニグルミと似ています。但し小さくて硬く、割るのは至難の技です。原産地ではリス、熊や鳥などが食べているようですが、アリタキではこれを食料にしている動物はいるのでしょうか。

9月果実.JPG


11月 木は美しい黄色に染まります。

11月紅葉.JPG


葉はこの形で落ちてきます。5複葉であることが改めてわかります。

11月葉.JPG



 


 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: