So-net無料ブログ作成

アリタキ植物図鑑 1.メタセコイア [植物園]

メタセコイアの一年をご紹介します。今後の四季折々の様子を楽しんでください。

1月 秋頃からたくさんの雄花序が枝先に垂れ下がっています。ところどころ球果が残っているのも見えます。 

1月.JPG

堂々とした円錐形の樹形です。

メタセコイa.JPG

2月下旬 越冬した雄花が開花します。

2月下旬、3月初旬.JPG

4月中旬 瑞々しい若葉が芽を吹き出します。

4月-葉.JPG

若葉の中に緑色の球果も発見できまよ。

4月-球果.JPG

5月 緑が濃くなります。よく似たラクウショウが互生であるのに対して、メタセコイアの枝や葉は対生です。

5月.JPG

9月 球果の断面です。落ちているのを拾って放置しておくと、やがて開いて種子が現れます。

9月-球果.JPG

9月.JPG

小さいのがメタセコイア、大きいのがラクウショウの球果です。

9月-球果比較.JPG

10月 若葉の頃と比べると、一仕事やり終えた姿ですね。もう暫くで紅葉と落葉を迎えます

10月.JPG

12月初旬 日に映える美しい紅葉を演出します。

12月初旬.JPG


今週のアリタキ植物園 1月29日 [植物園]

シラハトツバキが開花しました。例年通りだと、サルココッカモクレイシがあと1、2週間で咲き始めます。

シラハトツバキ

シラハトツバキ.JPG

カンアオイ 葉の根本に地面にへばり付くように花が咲いています。

カンアオイ1.JPG

枯れたり干からびているのではありません。

カンアオイ2.JPG

覗いている花柱もまだみずみずしいでしょう。

カンアオイ3.JPG


今週のアリタキ植物園 1月22日 [植物園]

そろそろソシンロウバイが終わりに近づいています。サザンカや太郎冠者(ツバキ)が勢いよく咲いています。

冬季は野鳥観察がし易い時期です。写真の他にコゲラ、メジロなども見ます。

ヒヨドリ 鋭い声で飛び回っているので、すぐにそれと気が付きます。

ヒヨドリ.JPG

ハクセキレイ アリタキの常連です。ツツーッと滑るように走り、なかなかシャッターチャンスをくれません。

シロセキレイ.JPG

シジュウカラ こちらも四季を通じて訪れてくれています。

シジュウカラ.JPG

アトリ 高い枝に群れています。

アトリ.JPG

モズ メスのようです。滅多に見ませんが、低い枝にとまっていたのはラッキーでした。

モズ♀.JPG

秋にたわわに実っていた多くの実は、大方鳥たちの胃の中に納まったようです。今の時期エサになる実はあるのでしょうか。

アオキ 赤くなるや否や食べられているようで、いつもあまり熟した実が残っていません。

アオキ.JPG

キチジョウソウ 草の陰なので、鳥の目に入らないのでしょうか。

キチジョウソウ.JPG

センリョウ マンリョウの実はすっかりもぎ取られているのに、こちらは随分と人気がないこと。いよいよとなったらしぶしぶ口を付けるのかもしれません。

センリョウ.JPG